« 台湾皮膚科医学会 | トップページ | アウシュビッツ見学 »

2005年6月21日 (火)

ポーランドのヤグレーザー学会 招待講演

今まで何度か海外の招待講演をしてきましたが、初めてヨーロッパの依頼が来ました。しかもいったことのない国、ポーランドです。学会会場はクラカウ(クラクフ)という世界で一番美しい街といわれているところ。ポーランドではワルシャワについで二番目に大きな町です。ワルシャワは大戦中にソ連により壊滅的な打撃を受け、一旦街が崩壊しました。クラカウはほとんど打撃を受けずに、中世の町並みをそのまま残したところです。1386年から1572年まで続いたヤギェウォ王朝の首都で、この都市が栄えたのは、ポーランド王国の全盛期と重なります。


Fi128_0e 歴代ポーランド王の居城であったヴァヴェル城の入り口
ミラノ空港経由でアリタリア航空で17時間近くかけてクラカウに着きましたが、空港でまさに東欧という面持ちの、ポーランド訛りのある英語をしゃべる美しい女性が出迎えてくれました。ポーランドはほとんど英語が通じないと聞いていたので、一安心。小さな都市だけあって、車で街までは20分ぐらい。噂どおりの美しい町並みが続いています。
Fi129_1e 夜の懇親会。ポーランド中の医師たちと。

Fi128_1e ヴァヴェル城の回廊よりクラカウを望む
ポーランドはレーザー治療が始まったばかりだそうです。しかし、経済状況は非常によく土地価格はバブルにちかい上昇が起こっているそうです。レーザークリニックは徐々に増えつつあり、皮膚科医、形成外科医、美容外科医達にとって、レーザーに対する興味も増すばかりだそうです。

Fi128_2e クラカウ市街地

このセミナーはCONSULTEONIXというレーザーのディストリビューターの主催するポーランドのレーザー初心者医師のための、とても小さいものでしたが、東欧特有ののポーランド人の優しさに惹かれました。社長のクリストフは真摯な人で、とても仲良くなりました。

Fi128_3e 左から韓国系アメリカ人、エール大学機械工学科出身のマックスエンジニアリング社長ヘイリャン(なんだか朝青龍に似ていますよね)。社長秘書のアグネシカ、社長のクリストフ。クリストフはアウディのユーザーなのですが、ものすごい勢いで飛ばします。運転は怖かった

Fi128_4e 講演会はこんな小さな部屋で行われました。でもポーランド中の医師が集まっています。

|

« 台湾皮膚科医学会 | トップページ | アウシュビッツ見学 »

国際学会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポーランドのヤグレーザー学会 招待講演:

« 台湾皮膚科医学会 | トップページ | アウシュビッツ見学 »