« 椿姫 | トップページ | 刹那的な美 »

2006年5月10日 (水)

肌の診断装置

Fi739_0e 今日、クリニックで、ロボスキンアナライザーという肌の診断装置のデモをやってもらいました。この装置は、肌の写真を撮ることで、毛穴の数、顔面メラニン色素の面積、肌の赤み、目の下のシワの数、水分・油分量、きめなどの項目を、施術の前後で経時的に測定出来る器械なのです。

フラクセルやオーロラなど、美肌の施術をして、肌が変わってくるのが客観的に分かるのは、患者さんにとっても楽しみだと思います。


肌の診断装置の研究は今までもなされてきましたが、一番の問題点はその再現性でした。顔面の表情によって、たとえ同じ時に肌診断をしても、大きくデータが変わってしまうことが多々あったのです。


この器械は、「撮影時位置合せ機能」という機能が新しくつきました。これは目頭と目尻、眉毛の位置、鼻翼の最も広い位置、口角の位置などを最初の画像に記録して、その位置を合わせて次回の撮影をすることによって、再現性を上げたところが画期的なのです。


ちなみに僕の顔で、同じときに2回、開いた毛穴を調べたのですが、2150個と2230個でした。まず自分の毛穴の多さに驚いたのですが、測定値の誤差は3.5%です。通常、統計学的には5%以下の誤差は有意差が無いものと判断します。ようやく臨床評価に使えるレベルになったなと思いました。


機器の購入を考えて、しばらくクリニックに貸してもらうことになりました。実際に使用するのが楽しみです。

|

« 椿姫 | トップページ | 刹那的な美 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/3440260

この記事へのトラックバック一覧です: 肌の診断装置:

« 椿姫 | トップページ | 刹那的な美 »