« フラクセル・ユーザーズミーティング | トップページ | 良い結婚・悪い結婚 »

2006年6月28日 (水)

腹いっぱい食べてはいけないのです

Fi957_0e_2 僕は、昼食を抜くことが週の半分以上あります。仕事が忙しくて、その数分がどうしても取れないことが多いのです。


でも、昼を抜くと、夜にドカ食いしたくなるんですよね。健康には悪いのはわかっているのですが、やってしまいます。


今日も6時から始まった会議も2時間以上かかり、食にありつけたのは8時半でした。会議後、隣のパレスホテルで中華を食べたのですが、やっぱり食べ過ぎてしまいましたね。おなかがパンパンになりながら、このブログを書いています。


満腹にすると白血球の力、貪食力・殺菌力が低下して免疫力が落ちることは以前より指摘されています。逆に空腹になると、白血球の貪食力・殺菌力は高まるのです。そういえば、野生動物は、病気や怪我のとき、食を絶ち、じっと動かず病気や怪我を治しますよね。体が弱っているときや、風邪など感染症があるときは、実は一定期間、空腹の方が病気に対する抵抗力が強いのです。


昔から言い伝えられるように「腹八分に病なし」ということですね。

|

« フラクセル・ユーザーズミーティング | トップページ | 良い結婚・悪い結婚 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/3441117

この記事へのトラックバック一覧です: 腹いっぱい食べてはいけないのです:

« フラクセル・ユーザーズミーティング | トップページ | 良い結婚・悪い結婚 »