« どうしたら勉強ができるようになるのか? | トップページ | ハーバード・コントロバーシー »

2006年8月 8日 (火)

心筋梗塞はなぜ朝方に起こるのか?

Fi1118_0e 心筋梗塞は寒いときの朝4-5時に起こりやすいといわれていますが、なぜだか、知っていますか?


 これは体内の優位神経が副交感神経から、交感神経にバトンタッチされる時間とほぼ同じなのです。交感神経の影響で、急激に心臓冠血管がしまるので心筋梗塞や狭心症が起こるのです。


数日前に、自律神経のブログをかきましたが、
[関連した日記LOG]
人間の体のメカニズムは本当に複雑でよく出来ています。
病気というのは、その間隙を突いて、おこるのです。

|

« どうしたら勉強ができるようになるのか? | トップページ | ハーバード・コントロバーシー »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/3451226

この記事へのトラックバック一覧です: 心筋梗塞はなぜ朝方に起こるのか?:

« どうしたら勉強ができるようになるのか? | トップページ | ハーバード・コントロバーシー »