« 汎アジア・フラクセル・レーザー・シンポジウム | トップページ | 臍帯血輸血 »

2006年9月 6日 (水)

無痛分娩

Fi1238_0e 今日はいよいよ秋篠宮紀子さまの出産日ですね。帝王切開による出産が医師としても気になります。今回のブログは最近日本でも増えた無痛分娩について書いてみましょう。


日本では無痛分娩を行うことがあまり推奨されていない風潮がありますが、実はアメリカやフランスではほとんどの出産が無通分娩になるといいます。


そういえば、世界で初めて無痛分娩を行った人物は誰だかご存知ですか? 実はジョン・スノウという医師が、AD 1853のビクトリア女王の出産にクロロホルムによる無痛分娩を行ったのが世界初の無痛分娩だと言われています。


無痛分娩は専門的に言うと、大きく三つに分類されます。


一つ目は、全身麻酔による分娩です。全身麻酔ですと、妊婦さんの出産の記憶が全く失われます。麻酔科医が必要であること、そして麻酔薬も胎児に移行するリスクがあることから、特殊なケース以外現在この全身麻酔による無痛分娩は適応されません。


二つ目は硬膜外麻酔による無痛分娩です。硬膜外麻酔は、脊柱のなかの硬膜という部位に、細いチューブを留置して、そこから局所麻酔薬を流し込み、子宮に関連する一定範囲の痛みをとるというものです。この麻酔は熟練した麻酔医が担当すると、非常に良い結果をもたらすのですが、少し麻酔薬が効きすぎると、痛みは取れても、運動神経が麻痺してしまうため、子宮の収縮力が落ちてしまい、出血が止まりにくくなるリスクはあります。


三つ目は陰部神経ブロックというものです。ドイツでは主流の無痛分娩法ですが、胎児の出口である会陰部の神経を支配している陰部神経を局所麻酔薬によって麻痺させる方法です。陰部神経は運動神経の支配もありますので、産道から会陰部の筋肉の弛緩作用もあり、分娩をスムーズにさせます。日本では一部の施設で行われています。


リスクから考えて、紀子さまはどの麻酔法を選択するでしょうか? 多分僕は第二の硬膜外麻酔法を選択すると思います。


無事の出産を祈っています。

|

« 汎アジア・フラクセル・レーザー・シンポジウム | トップページ | 臍帯血輸血 »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/3451614

この記事へのトラックバック一覧です: 無痛分娩:

« 汎アジア・フラクセル・レーザー・シンポジウム | トップページ | 臍帯血輸血 »