« 「戦略的アンチエイジング医療経営」 | トップページ | 中国からの患者さん »

2006年9月15日 (金)

二日酔いに効く秘策

Fi1259_0e

昨晩、仕事の後に、ホルモン補充療法で有名な先生と、日本最王手のエステティック会社のPRの方と食事をしました。ホルモン補充療法には以前より興味があったので、とても楽しい飲みになったのですが、おいしいジンをたくさん飲んでしまったので、今日は二日酔いです。


人間、加齢すると基礎代謝率が低下します。これは、入れ替わる細胞が減ってしまうということなのですが、ホルモン補充療法によって、代謝が上がると肌の細胞の入れ替わりも早くなるので、レーザーの効きが格段に上がるんですよ。これについてはまた別のブログでふれますね。


二日酔いは、アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドやその酸化物の毒性が主な原因です。アルコールの脱水作用、エネルギー不足、体液の酸性化、低血糖などが複合して症状が引き起こされます。


同時に、二日酔いのときは激しい頭痛が起こりますよね。これは、アルコールの脱水作用により、脳に含まれている水分が少なくなり脳硬膜が牽引されることによっておこる硬膜牽引痛が原因です。激しく泣くと、頭が痛くなるときがありますよね。これも同じ原因で起こるのです。この脱水状態は水分の補給により回復します。


さらに脱水状態は脳だけでなく全身で起こります。体内の細胞外液が減少して、血液に含まれているナトリウムやカリウムの濃度が高くなります。体液の受容体が作動して、筋肉の収縮などに関わっているカルシウムやマグネシウム、などが尿と一緒に体の外へ出てしまいます。これが疲労感や脱力感の原因なのです。血糖も低下しますので、肝臓のグリコーゲンも分解されます。これも疲労感や、脱力感につながります。


ところで、二日酔いの特効薬って、なんだか知っていますか?


それは点滴なのです。僕が研修医だったときに飲みすぎて、頭が痛いといっていたら、同僚の医師が、「じゃあ血管を刺す練習もかねて、点滴をさせろ。」と言いました。だいぶ抵抗したのですが、結局やられてしまいました。確か針を刺すときに、何度か失敗された記憶があるのですが、点滴の威力はすごかったですよ。頭痛や倦怠感があれよあれよという間に減ってスーッと消えてゆくのです。


点滴の内容は、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、そして糖が含まれているものがスタンダードでおすすめです。商品で言うと、ソリタ3号とかでしょうか。そして、ビタミンB1のアンプルを入れるとさらに効果的です。これでアルコールで失われたものを補充できます。


保険適応は出来ないと思いますが(笑)、オススメです。

|

« 「戦略的アンチエイジング医療経営」 | トップページ | 中国からの患者さん »

医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/3450237

この記事へのトラックバック一覧です: 二日酔いに効く秘策:

» mixiやってますか? [奈保美]
mixiで見かけたんだけど、あれって木村さんでしょ?見たことある顔だったからビックリしちゃったよ。 [続きを読む]

受信: 2006年9月29日 (金) 09時13分

« 「戦略的アンチエイジング医療経営」 | トップページ | 中国からの患者さん »