« EADV in Rodos その3 | トップページ | 痛みの講義 »

2006年10月10日 (火)

オリンポス12神

今回ギリシャに滞在して、オリンポス12神についてふれる機会が多かったので、な んだかFi1310_0e 詳しくなりました。ギリシャ神話はハリウッドの映画にも多大なる影響をしていて、今まで知らなかった事実も多く知ることが出来ました。


世界の宗教のほとんどが一神教です。日本のように八百万の神を祭るのは珍しいのです。でも、そもそもキリスト教がローマ帝国に布教されたのは313年のミラノ勅令からですから、それ以前はギリシャの神々への多くの神への信仰がこの地を支配していたといえます。


オリンポス12神のうち、全能の最高神はゼウスです。ゼウスが中心となって約10年という戦争を経てタイタン神族を倒し、世界をこの支配するようになりました。ゼウスは姉でもある正妻のヘラ(女性、結婚、家庭生活の守護神)との間にアレス(戦いの神)とヘファイストス(鍛冶の神)をもうけます。ちなみにこの二人の兄弟は、大叔母にあたる美と愛の女神のアフロディーナ(ヴィーナス)という一人の女性を妻とします。さらにゼウスは、もう一人の姉(デメテル)を含む6人の女性と関係を持ち、結局7人に子供を産ませるのです。現在ならめちゃくちゃな話ですね。でも、これらの子供達は優秀な神として成長するのです。


つまり、オリンポス12神は、ゼウスを中心として、ゼウスの兄であるポセイドン(海の神)、姉のデメテル(大地と穀物と豊饒の神)、そして正妻のヘラの4人と、叔母にあたるアフロディーナ。さらにゼウスが計7人の異母に生ませた子供にあたる前記のアレス、ヘファイストス、そしてアテナ(知性の女神、アテネの守護神)、ヘルメス(商人と旅人の守護神)、アポロン(太陽神、音楽、医学、弓術、予言の神)、アポロンの双子の姉アルテミス(月の女神、狩猟と出産の神)、そして酒と狂乱の神であるディオニソス(バッカス)で構成されているのです。そういえば、映画のロッキーの飼っていた犬の名前がバッカスでしたよね。


まとめると
ゼウス(全能の神)
ヘラ(女性、結婚、家庭生活の守護神)
アレス(戦いの神)
ヘファイストス(鍛冶の神)
アフロディーナ(ヴィーナス、美と愛の女神)
ポセイドン(海の神)
デメテル(大地と穀物と豊饒の神)
アテナ(知性の女神、アテネの守護神)
ヘルメス(商人と旅人の守護神)
アポロン(太陽神、音楽、医学、弓術、予言の神)
アルテミス(月の女神、狩猟と出産の神)
ディオニソス(バッカス、豊饒、酒と狂乱の神)

というわけです。

僕は今回の学会中、どうしても医学の神のアポロンが気になってしまい、とうとう最後にアポロンのコインを買ってしまいました。このコインは、今回の唯一のお土産になりました。

|

« EADV in Rodos その3 | トップページ | 痛みの講義 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/3825200

この記事へのトラックバック一覧です: オリンポス12神:

« EADV in Rodos その3 | トップページ | 痛みの講義 »