« 「痛いの痛いの飛んでいけー」の秘密 | トップページ | きみに読む物語 »

2006年10月16日 (月)

海の上のクリニック

Fi1316_0e 今回の客船の旅では、船の中のクリニックが気になっていたので、見学に行きました。


客船には1800人の客と、300人のスタッフがいますので、まさに小さな都市の様になります。クリニックは第1階層にあり、窓のない部屋でした。


この客船に乗っている日本人の医師だけれど、クリニックの見学をさせてくれないかと言ったところ、快く案内をしてくれました。実は、写真を撮ったのですが、残念ですが、どこかにまぎれてしまったのですよ。また探しておきます。


クリニックは窓のない、25坪ぐらいの大きさで、待合室と診察室というシンプルなつくりでした。開業時間は午前、午後3時間づつで、船が港に停泊するときは閉まっています。


小さな開放創などに対して、簡単な外科手術は出来そうですが、内科診療がほとんどという感じでした。


診察料は60ドル。西洋の船だと60ユーロというのが相場らしいです。技術料は別途かかります。


こういった船の上で100日ぐらいのクルーズをする間に、美肌のレーザー治療器を使用して、降りたときに10歳若返らせるビジネスをしたら、さぞかし面白いのだろうなと思いました。

Fi1316_1e 写真は映画、”海の上のピアニスト”です。あんまり関係ないですかね??(笑)

|

« 「痛いの痛いの飛んでいけー」の秘密 | トップページ | きみに読む物語 »

医療」カテゴリの記事

コメント

拝見しました

投稿: メディカルテクニカ | 2006年10月31日 (火) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/3927453

この記事へのトラックバック一覧です: 海の上のクリニック:

« 「痛いの痛いの飛んでいけー」の秘密 | トップページ | きみに読む物語 »