« レーザーの歴史 その弐 東洋人における脱毛レーザーの応用 | トップページ | レーザーの歴史 その四 IPL(フォトフェイシャル)の登場 »

2007年5月30日 (水)

レーザーの歴史 その参 あざやほくろに効くレーザーの登場

あざやほくろに効くレーザーの登場

レーザー光線は、波長によって肌の下で反応する物質が変わる・・・という話はロックス=アンダソンによって指摘されましたが、肌の下の組織は、水・メラニン・ヘモグロビン・タンパク質の4つになります。 脱毛レーザー開発とほぼ同じ時期Photo_6 に、あざやほくろをとるためにメラニン吸収を主体にしたレーザーが開発されました。

主に初期に使われたのが波長が694nmのルビーレーザーでした。 この波長はメラニンへの吸収性がよく、それに比較してコラーゲンやヘモグロビンへの吸収率が低いため、茶色いメラニンには使用しやすかったのです。

Stones_ruby2 この種のレーザーでも技術革新が進みます。実際にレーザーを照射する時間を「パルス幅」というのですが、この幅が短ければ短いほど、組織に対して熱が伝わる時間が短くなり、標的組織を破壊する能力が高くなるため、メラニン色素をとるためのレーザーはこのパルス幅を短くする技術の競争になりました。

パルスの幅がミリセコンド(1/1000秒)単位のものをロングパルスレーザー。その1,000分の1単位のマイクロセコンド(1/1000000秒)単位のものをノーマルパルスレーザー。そのまた1,000分の1単位のナノセコンド(1/1000000000秒)単位のものをQスイッチレーザーと言います。

Photo_7 Qスイッチレーザーは694nmQスイッチルビーレーザーを初めとして、755nmQスイッチアレキサンドライトレーザー、さらに1064nmQスイッチNd-YAGレーザーが開発されました。これらのレーザーは、いったんあざやほくろにレーザーを打ち込むと、この写真のように、まず色が白く変化し、じわじわと出血が始まり、色が変わり、3週間ぐらいでかさぶたととにもあざやほくろが取れるというものでした。

レーザーの歴史上、ここまでをablative resurfacingと言います。肌にいったんかさぶたを作って数週間後に肌を治そうという考えだったのです。しかしながら、施術後にすぐにメイクをして帰れるというnon-ablative skin resurfacingの技術が開発されたことによって、光治療器やレーザーを使用した肌の若返り療法は一気に加速します。

いわば、レーザーや光治療器は、ほくろやシミを対象とした手術室の“メス”から、顔全体のホワイトニングやリフティングを行う“進化した美顔器”的な存在に変化してゆくわけです。

明日のお題は「画期的な色彩的老化(シミ、くすみ)の治療法・IPL(フォトフェイシャル)の登場」です。 

|

« レーザーの歴史 その弐 東洋人における脱毛レーザーの応用 | トップページ | レーザーの歴史 その四 IPL(フォトフェイシャル)の登場 »

レーザー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/6593562

この記事へのトラックバック一覧です: レーザーの歴史 その参 あざやほくろに効くレーザーの登場:

» ジェムケリー アレキサンドライト [アレキサンドライト ジェムケリー]
宝石の中の宝石。 ”誰かを大切に想うとき、身につけたいもの” ジェムケリーのホームページのトップに書かれています。 大切な人の為に… 大切な人を想う心… このサイトとの出会いが、あなたの心を癒し 豊かな心へと導くものとなれば… [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 15時44分

» ジェムケリーピンキーリング [ジェムケリー ピンキーリングでお洒落に飾りましょう。]
ジェムケリー ピンキーリングから神秘のアレキサンドライト、倖田來未がデザインからパッケージまで完全プロデュースした商品Binary Face、なぜ今人気を集めているのか、を深い言い伝えと共に、お伝えします。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 12時29分

» 目のすぐ下のほくろの除去 [ほくろ除去 Q&A集]
目のすぐ下にほくろがあって、できれば除去したいと思っています。皮膚科に行ったときに聞いてみたのですが、レーザーを使う場合、目を保護するためのめがね?のようなものをつけるのだが、ほくろがそれに隠れてしまい、できないといわれました。そのめがねなしに手術する方法もあるが、と万一の場合責任がとれないそうです。切開手術ならそんなものは必要ないのでしょうが、皮膚が薄いところですし、傷が残りにくいレーザーにしたいと思います。目の下のほくろを除去した方、どうされましたか?... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 15時04分

« レーザーの歴史 その弐 東洋人における脱毛レーザーの応用 | トップページ | レーザーの歴史 その四 IPL(フォトフェイシャル)の登場 »