« レーシック(LASIK)治療 | トップページ | 感触的老化 »

2007年9月15日 (土)

一家に10台のスタインウェイ

Photo 全米ビルボード・クラシックチャートにおいて10週連続第1位に輝いた5人兄妹のピアノ・アンサンブル「THE 5 BROWNS」が来日したので、診察終了後電車に飛び乗って聴きにいってきました。

ヒューストン出身のデザレー、デオンドラ、グレゴリー、メロディー、ライアンの5人兄妹は、全員がニューヨークの名門ジュリアード音楽院出身。その5人がスタインウェイのピアノを“5台並べて”繰り広げるアンサンブルは、なかなか見ることの出来ない光景でした。

演奏に使われているスタインウェイ(Steinway & Sons)は、ベヒシュタイン、ベーゼンドルファーと並んで、ピアノ製造会社の御三家の一つです。 ニューヨークとドイツのハンブルクに生産拠点を持つスタインウェイは、今でも多くの演奏家に愛される、いわば世界で最も有名なピアノであると言えますね。公式WEBがとてもセンスがいいので良かったら覗いてみてください。

公演中に観客からの5人への質問コーナーがありました。

「皆さんどのように練習されているのですか?」

という質問に対し

「5人それぞれが自分の部屋にスタインウェイを置いて独自に練習しています。また、地下のスタジオにはレコーディング用に5台のスタインウェイが並んでいます。」

と答えていました。ひとつの屋根の下に10台のスタインウェイですよ。プロですから当然のことかもしれませんが、これにはびっくりしました。

コンサートは、アメリカらしいウィットとショウマンシップ溢れる進行で、演奏終了後には5人揃って握手会に応じファンは非常に喜んでいました。演奏の方は、5台のスタインウェイで演奏された「パガニーニの主題による狂詩曲の第18番」、そしてストラビンスキーの「ファイアーバード(火の鳥)」など、今まで聴いたこともない新しい解釈も入っていて非常に興味深く、また素晴らしかったですよ。

|

« レーシック(LASIK)治療 | トップページ | 感触的老化 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

確かにスタインウェイはピアノを営む方にとっては、音の響きを最大限に伝えてくれるピアノですね。ピアニストにもよりますが、一緒に弾いていると時々吸い込まれる音に出会います。
色々な音楽トピックスを拝見させていただきましたが、どれも熟知なさっているコメントで、音楽(クラシック)を心から好んで下さる文章を読むと、現在、ヨーロッパで音楽を営む私にとってささやかな希望のブログとなっております。

投稿: sawa | 2008年4月22日 (火) 04時44分

いつもブログを読んでいただいて、ありがとうございます。クラシックはファンというより、マニアですね。僕の一番の趣味かもしれません。先日も仕事の合間にNYで椿姫を観てきました。
sawaさんは、ヨーロッパは長いのでしょうか。異国の地ですが、頑張ってくださいね。

投稿: 管理者 | 2008年4月22日 (火) 11時50分

留学でこちらにきて今年で7年目ですが、振り返るとあっという間です。椿姫、メトロポリタンにてでしょうか。世界各地、学会等でいらっしゃることが多いと思いますが、前準備や後リポート、講演等でかなりハードなスケジュールと伺えますが、お体にお気をつけくださいませ。

投稿: sawa | 2008年4月27日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153009/7945687

この記事へのトラックバック一覧です: 一家に10台のスタインウェイ:

« レーシック(LASIK)治療 | トップページ | 感触的老化 »